アンプルール 成分

更新日:

成分の画像ヘッダー

アンプルールの成分は?ハイドロキノンに副作用があるのは本当?

パッケージ画像

アンプルール「ラグジュアリーホワイト」の成分について調べてみました。

美白効果、シミ効果が高くても副作用とかあれば嫌ですもんね(^^;

それでは順番にアンプルールの副作用や成分について説明していきます。

アンプルールに副作用はあるの?危険性や安全性

ラグジュアリーホワイト画像

アンプルールの看板商品「ラグジュアリーホワイト」は美白ケアとして有名です。

一方で、アンプルールは美白成分としてハイドロキノンを採用しています。

ハイドロキノンは、イチゴ類、麦芽など天然にも存在する成分ですが、シミの原因であるメラニン色素の合成を阻止する働きがあり、その美白効果はコウジ酸やアルブチンの数10倍~100倍といわれています。

アメリカで美白といえば、このハイドロキノンが主流になっています。日本ではこれまで医師の管理下でのみ 使われてきましたが、2001年の規制緩和により、メーカー責任で、化粧品に使用されるようになりました。

一般的なハイドロキノンの副作用

一般的なハイドロキノンは、その美白効果が強い一方で、肌への刺激が強いと言われています。

また、高純度に長期大量に使用し、紫外線対策(UVケア)なしに日光を浴びた場合などに色素沈着が起こった例があるので、ハイドロキノン使用中は必ずUVケアが必要になります。

ハイドロキノンは安定性が悪く、酸化することでベンゾキノンという成分を発生します。ベンゾキノンは毒性があり、肌に有害な物質です。

アンプルールのハイドロキノンは新安定ハイドロキノン

ハイドロキノンの画像

それでは、アンプルールのハイドロキノンも同様に副作用があるのでしょうか。

先に結論から言うと、アンプルールのハイドロキノンは不安定なハイドロキノンではなく、安定した新安定ハイドロキノンを採用しているので副作用への安全性が高くなっています。

新安定型ハイドロキノンは肌なじみをよくするBCDACをまとっているため、メラニンが合成されるメラノサイトへと入り込みやすく、従来のハイドロキ ノン以上に美白効果を発揮します。

アンプルールの全成分は?

アンプルールの美白ケア「ラグジュアリーホワイト」シリーズのトライアルセットに使われている全成分を紹介します。

[化粧水]ラグジュアリーホワイト ローションAO II

化粧水の画像

水、ラフィノース、ポリソルベート60、BG、ペンチレングリコール、グリセリン、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、アルギニン、マンニトール、グルコン酸Na、ラウロイルラクチレートNa、PCA-Na、加水分解コラーゲン、ハイドロキノン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ゲンチアナ根エキス、クズ根エキス、グルコシルルチン、プラセンタエキス、アロエベラ葉エキス、グリチルリチン酸2K、クロレラエキス、コレステロール、水添レシチン、セラミドEOP、セラミドNP、セラミドAP、フィトスフィンゴシン、フェルラ酸、ワルテリアインディカ葉エキス、キサンタンガム、ダイズステロール、3-O-エチルアスコルビン酸、アリストテリアチレンシス果実エキス、ブドウ葉/種子/皮エキス、レスベラトロール、ムラサキ根エキス、チオクト酸、カルボマー、シクロデキストリン、デキストリン、セタルコニウムクロリド、クエン酸、クエン酸Na、エタノール、フェノキシエタノール、メチルパラベン、エチルパラベン、プロピルパラベン、香料

[集中美容液]ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110

hq110の画像

ジメチコン、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、DPG、セタルコニウムクロリド、ハイドロキノン、BG、ビサボロール、水、エチルセルロース、カンゾウ根エキス、ムラサキ根エキス、チオクト酸、ゲンチアナ根エキス、クズ根エキス、アロエベラ葉エキス、クロレラエキス、フェノキシエタノール、香料

[薬用美白美容液]ラグジュアリーホワイト 薬用アクティブフォーミュラ II

ミュラ2の画像

グリチルリチン酸2K*、アルブチン*、水、濃グリセリン、1,2-ペンタンジオール、BG、アルギン酸Na、部分水添ホホバ油、ホホバ油、パルミチン酸イソプロピル、ジメチコン、N-ラウロイル-L-グルタミン酸ジ(フィトステリル・ベヘニル・2-オクチルドデシル)、POE硬化ヒマシ油、水添大豆リン脂質、アルギニン、グリシン、ビタミンCリン酸Mg、D-マンニット、グルコシルルチン、コラーゲン・トリペプチドF、フェルラ酸、アルテロモナス発酵エキス、海藻エキス-1、海藻エキス-5、ソルビット、酵母エキス-1、クロレラエキス、アロエエキス-2、カッコンエキス、ヒアルロン酸Na-2、ゲンチアナエキス、ウマスフィンゴ脂質、キサンタンガム、カムカムエキス、シコンエキス、ミリスチン酸オクチルドデシル、ビタミンCテトラヘキシルデカン酸、ソルビン酸K、エデト酸塩、フェノキシエタノール、粘度調整剤、pH調整剤、香料 *印は「有効成分」、無印は「その他の成分」

[美容乳液ゲル]ラグジュアリーホワイト エマルジョンゲルEX

exgel画像

水、BG、トリエチルヘキサノイン、グリセリン、ペンチレングリコール、イソノナン酸イソノニル、スクワラン、ベヘニルアルコール、ジメチコン、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、シア脂、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ステアリン酸グリセリル、カルボマー、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、ステアロイルラクチレートNa、トコフェロール、アルブチン、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、アクリル酸アルキルコポリマー、セレブロシド、ピリドキシンHCl、プラセンタエキス、ミリスチン酸オクチルドデシル、グルコシルルチン、グリチルレチン酸ステアリル、カニナバラ果実油、加水分解コラーゲン、リンゴ果実培養細胞エキス、パルミチン酸レチノール、加水分解ゴマタンパクPGプロピルメチルシランジオール、ユビキノン、キハダ樹皮エキス、シクロデキストリン、コーン油、(VP/ポリカルバミルポリグリコール)エステル、ヒアルロン酸Na、キサンタンガム、カルボキシメチル-β-グルカンNa、ミルシアリアデュビア果実エキス、ムラサキ根エキス、クダモノトケイソウ果皮エキス、ソルビトール発酵多糖、ザクロ果実エキス、イチゴ種子エキス、トマト果実エキス、アセロラ種子エキス、チオクト酸、レシチン、水添レシチン、水酸化Na、フェノキシエタノール

1週間のトライアル利用を試した結果

まずはアンプルールを利用する前の私の肌画像です。中央に大きめのシミがあります。

このシミに対してアンプルールを集中的に10日間使ってみました。

ビフォーの写真

使い方は10日間お風呂上がりにだけ、アンプルールの化粧水や美容液を利用しました。

画像を見てもらえればわかると思いますが、特に大きな変化はシミには見られませんでした。

一方で、少しだけですが、シミの外枠がボケた様に感じました。

アフターの画像

今回、アンプルールのトライアルセットを10日間利用して、一部口コミにあった様なシミが薄くなったりだとか、肌にトラブルが発生したりすることはありませんでした。

ただ使っていて、肌のトーンが若干明るくなった感じはありました。

トライアルセットで自分の肌に合うかどうかの確認を

ラグジュアリーホワイト画像

アンプルールは数千円もする通信販売のスキンケア化粧品です。

購入してから自分の肌に合わないとなると、もったいないので、事前に自分の肌に合うかどうかの確認が大切です。

トライアルセットは通常6,500円相当の商品が1,500円で購入できますので、美白・シミケアでお悩みの方は一度利用してみてはいかがでしょうか。本当にお得でオススメですよ(^^)

\初めての方限定!美白トライアルが70%以上OFFの1,590円/

ラグジュアリーホワイトのお試しはこちら

Copyright© アンプルール 口コミ , 2019 All Rights Reserved.